月別アーカイブ: 2016年7月

100均レジン液を使うときのコツ

  広告

前回の”夜明けの猫”で予告した、100均レジンを使用するときの問題点やコツなんかをご紹介します。

 

◆100均レジン液ってどんなの?

クラフト用レジン液は、手芸用品店だけでなく、ダイソーやセリアといった100円ショップでも買えるようになりました。(他にも、いろいろなメーカーでレジン液を買うことができます。)

セリアだと4gで108円。ダイソーやキャンドゥだと5gで108円です。(2016年7月現在。)

でも、100円ショップのレジン液って使えるの?と思う方も多いはず・・・。

私は、作品によるとおもいます。

 

◆100均レジン液の主な問題点は・・・

・硬化まで時間がかかる

・硬化させてもベタつく

・硬化させると反り返ってまっすぐできない

・透明感がイマイチ

・黄変しやすい(作ったときは透明でも、だんだん黄色っぽくなっていくこと)

などなど。

安いので仕方がないですね。正直なところ、レジン液の質・使いやすさは、値段に比例します。(そして、古いレジン液は使いにくいです。)

安く、きれいにUVレジン作品を作ろうと思ったら、工夫して使っていくしかないです。

 

◆問題があっても、工夫すれば使える!!

工夫といっても、対処方法はいろいろです。ここに載っているものは私の経験上で「この方がいいかな」と思ったものです。中には、あんまり効果がないものもあるかもしれませんが、やらないよりはマシです!(^^;)

もし、他に良いやり方をご存知の方はコメント欄からお知らせいただけると助かります。

 

・硬化まで時間がかかる

硬化に時間がかかる場合は、とにかく紫外線をたくさん当てるのが良いです。紫外線量の多い36WのUVライトを使うか、ライトがない場合は、真夏の真昼に直射日光を当てて硬化させるなどすると、早く硬化します。

硬化に時間がかかっても問題ないようなデザインにするのもいいですね。100均レジン液で硬化するまでに形が崩れやすいような作品を作るのは難しいです。

完成度に影響がないなら、気長に硬化を待つのも対策かも。

kouka

 

・硬化させてもベタつく

私は普段36WのUVライト(ネットで1480円でした)を使っています。UVライトだけで硬化させると、なんとなくベタつくような感じがすることがあります。(特にダイソーのレジン液)

そこで、太陽光に当てると、硬化が進むことがあります。たぶん、UVライトよりも、幅広い波長の光を当てることができるせいだと思います。詳しくはよくわかりませんが、きれいに硬化します。

表面に高いレジン液を使うのもいいです。作品の表面だけは、100均レジン液ではなく高いレジン液を使用すれば、触感はつやつやになります。触ったときにベタつかなければ良いのです。

 

・硬化させると反り返ってまっすぐできない

UVレジン液には硬化するときに収縮する性質があります。安いレジン液はその収縮の度合いが大きくて、完成したら大きく反り返ってしまったりします。Σ(゚д゚lll)ガーン

これは、36Wのライトを使ったり、真昼の太陽光に当てたりして、早く硬化させるとよいかと思います。それでも少しは反ってしまいますが、多少良くなります。

一番良いのは、デザインを工夫することです。薄いと影響が出やすいので、厚めの作品にしたり、反り返ることがない、ミール皿やレジン枠を使うと、反りを感じることはほぼないですね。(私がよく作る、ワイヤーを使った作品は、反り返ってしまって失敗することがあります。薄くて弱いんです)

IMG_0087 (2)

 

・透明感がイマイチ

・黄変しやすい(作ったときは透明でも、だんだん黄色っぽくなっていくこと)

この二つの問題を解決するには、作品のデザインを工夫するしかないです。透明なままだと、カバーするのは難しいです。

レジン液を着色して使うようにします。これでほとんど気にならなくなるはずです。ダイソーのパステルやプリンターの補充インク、アクリル絵具、セリアのカラーレジン液などを使います。

黄変については、作品が完成してから、なるべく光が当たらないように保管しておけば長持ちします。

 

 

こんな形で、工夫して使っていけば、100均レジン液もとっても使えます!!

コスパを良くして、楽しくたくさんレジン作品を作りましょう♪

 

広告




 

  広告

夜明けの猫・100円ショップ材料で作るグラデーション

こんにちは。

今日セリアに行ったら、10g入りのブリオンが売っていて衝撃を受けました。安いよ!!!

何に使おうか、悩んでいるところです。そのうち作品作ります。

 

さて、今回は過去動画の紹介です。

こちらは、ふたつきが今まで作った動画の中で一番再生回数が多いものになっております。なんでかな(´・ω・`)

どこらへんが良いのか、わかる人がいらっしゃったら、ちょっと教えて欲しいです。

 

◆100円ショップ材料で作る・夜明けの猫

材料は、100均で買ったもののみ!と言いたいところですが、ヒートンだけは別のところで買ったものです。安物には変わりないんですが(;´・ω・)

 

◆材料

・UVレジン液(ハード)←セリア

・シリコン型(ねこ)←セリア

・ラインストーン←ダイソー

・ブリオン←ダイソー

・パステル(着色用)←ダイソー

・画用紙(黒・クリーム色)←ダイソー

・転写シート(ネイル用品)←ダイソー

・シリコンカップ←ダイソー

 

◆作り方

①画用紙をはさみでカットします。黒い画用紙で町並みを、クリーム色の画用紙で月を切り出します。

001

 

②シリコン型にレジン液を入れます。高さは全体の1/4くらい。つまようじで全体に広げます。

 

③②に①でカットした月と町並みを入れます。位置を整えて硬化します。

002

 

④レジン液を着色します。クリアファイルの上へ5か所に分けてレジン液を出します。その上にパステルをカッターで削って粉にして、入れていきます。グラデーションになるように、赤、オレンジ、黄色、青、紺色を混ぜます。下の写真のような色にします。

003

 

⑤着色したレジン液を型に流し込みます。濃い色から順番に混ざらないようにそっと入れていきます。このとき、型をすこし斜めにしておくと、流れていかないので作業しやすくなります。レジン液は型いっぱいまで入れません。

004

 

⑥⑤の色の境目をつまようじで混ぜて、ぼかします。うまくぼかせたら硬化します。

005

 

⑦型いっぱいまで、透明レジン液を入れて、硬化します。

 

⑧型から取り出します。

 

⑨出来上がったねこの表面に、ネイル用の転写シートを貼っていきます。シートを小さく切ってから、貼りたい位置に乗せて、上からこすります。くっついたら上の保護フィルムをはがします。

006

 

⑩表面にレジン液を出して広げます。ブリオンを埋め込んで、硬化させます。

008

 

⑪表面にラインストーンを張り付けます。ラインストーンの上にレジン液を塗ってしますと、キラキラがなくなってしまうので、液がつかないように注意します。

009

 

⑫バリ取りします。やすりではみ出した部分をこすって削ります。滑らかになったらOKです。

 

⑬裏面にもレジン液を塗り、全体に広げてぷっくりさせて、硬化します。

 

⑭ヒートンをつけます。先にピンバイスで穴を開けてから、ヒートンをねじ込みます。ピンバイスはダイソーに売っています。穴にヒートンが入ったら、根元にレジン液を塗り硬化させます。これで抜けなくなります。

010

 

⑮ボールチェーンをつけて、完成です。

011

 

着色したレジン液を薄く入れたので、透明感が出ました。

ねこの頭の部分は、ヒートンを入れるために、紺色の部分は色の層を厚めにしています。外からヒートンが見えなくて、いい感じ。

 

これからも100均グッズのみを使用した、”100円ショップ材料で作る”シリーズを作っていきます!よろしくね(^^)/

 

100均レジン液の使用方法のコツについて、書こうかと思ったのですが、長くなりましたので、次回にします。

 

広告



 

さくら色にゃんこのキーホルダー◆マニキュアでグラデーション

こんにちは。

梅雨明け後の日差しがまぶしい今日この頃。。。

UVレジン液を着色しようと思ってシリコンカップに出したら、作品に流し込む前に硬化してしまいましたorz

紫外線ってすごいですね。

家の中でも日焼け止め塗った方がいいんだろうか・・・とか考えてしまいました。

 

さて、今回は前回の練習を生かして、マニキュアのグラデーションを下地にしたキーホルダーを作ってみました。

 

◆さくら色にゃんこのキーホルダー・マニキュアでグラデーション

練習が功を奏して、きれいなグラデーションを作れるようになってきました!!

使った色のせいでしょうか・・・ちょっと和風テイストです。

 

◆材料と道具

材料

・マニキュア(詰め放題で8本500円くらいだったはず・・・)

・レジン液(ハード)

・マスキングテープ(幅広のもの)

・レジン枠(長方形で上下にカンあり)

・封入パーツ(ネコ、お花×3)

・丸カン×3

・チェーン

・カニカン

・Tピン

・スワロフスキーのソロバンビーズ

・パールビーズ

・クラッシュシェル(キャンドゥ)

・3Dネイルシール(写真に写っていないです)

・その他(ピンセット、つまようじ、トレー、ペンチ、ニッパー、丸ヤットコなど)

 

◆作り方

①平らなトレーの上に、マスキングテープを粘着面を上にして張り付けます。そこへレジン枠を固定します。

 

②透明レジン液をレジン枠へ流します。つまようじで、全体に広げて硬化します。

このとき、レジン液を破れない程度に薄くします。これから何層も重ねるため、厚くしすぎると後の作業がやりづらくなります。(*^_^*)

001

 

③マニキュアを塗ります。

↓キラキラしたデザインにしたいので、はじめに白(ラメ入り)を全面に塗っておきます。

002

↓次に、上下の色の濃い部分から順番に塗っていきます。紫→薄ピンク→ピンク→薄ピンク

003

↓隣の色を塗ったら、つまようじで、色の境目をぼかしてグラデーションにしていきます。メインの色となる薄ピンクに他の色を混ぜるようなイメージで、端から順番に作ります。

004

↓薄ピンクを塗り、混ぜます。

005006

↓中央に白を塗り、混ぜます。

007008

混ぜ終わったら、マニキュアを完全に乾かします。

 

◆マニキュアでグラデーションをするコツ

グラデーションを作るためには、つまようじで混ぜる必要があります。でも、マニキュアは時間が経過すると固まってしまいます。少しずつマニキュアを塗って、素早く作業しましょう(^^)/

混ぜるときに、固まるスピードが早すぎると思ったら、マニキュアを多めに塗ってみてください。マニキュアが多いと、乾くまで時間がかかります。その間につまようじで混ぜます。そして、長めに乾燥させる時間をとります。

実は、マニキュアとUVレジン液は相性が大変悪いです。混ぜるな危険!です。硬化不良が起きたり、変色したり、することがあります。マニキュアを塗った後にUVレジンを重ねるときは、完全に乾いてから、(UVレジン液をなら硬化してから)作業するようにしましょう(^^)/

※マニキュアを使用するとき、必ず換気をしてください。シンナーのせいで気分が悪くなることがあります。

 

④レジン液を全体に塗って猫のメタルパーツを封入し、硬化します。

009

 

⑤レジン液を全体に塗ってお花のメタルパーツを封入し、硬化します。

010

 

⑥表面をぷっくりするくらい、レジン液を盛って硬化します。

 

⑦裏面を作ります。左上に3Dネイルシールを貼ります。

011

 

⑧レジン液を全体に広げ、右下にシェルパウダーを入れます。硬化します。

012

 

⑨裏面をコーティングします。ぷっくりするくらいレジン液を塗り、硬化します。

 

⑩Tピンに、ソロバンビーズとパールビーズを通します。Tピンの根元を90度に曲げます。Tピンの先を8mm程度残してニッパーでカットします。先を丸ヤットコでくるっと丸めます。

013

 

⑪すべてのパーツをつなぎます。レジン枠の下に、丸カンで先ほど作ったパールのチャームを付けます。上にはチェーンとその先にカニカンを付けます。

014

015

完成です♪

 

綺麗な色に仕上がりました!マニキュアのパール色が映えてキラキラして見えます。

016

017

持ち上げて見ると、裏から猫が透けて見えるます。(写真ではわからないかな(;^_^A)

 

マニキュアは不透明ですが、とても発色が良いです。

特にパール系のキラキラした色がきれいにできます。

もっといろんな色でやってみたくなりました(*^_^*)

 

広告