ジュエルモールドミニ」タグアーカイブ

海の水晶/NRクリアカラーで着色

  広告

日清レジンのNRクリアカラーという絵具を手に入れたので、さっそく試してみました(‘ω’)ノ

 

◆海の水晶/NRクリアカラーで着色

透明感があって、すごく綺麗☆

 

◆材料

%e6%9d%90%e6%96%99

・UVレジン液ハード

・NRクリアカラー(レモンイエロー・ブルー)

・モールド(水晶)

・シェルパウダー(青)

・六角ホログラム(白・青)

・ブリオン(白・青)

・ラメパウダー(白)

・穴なしパール(白)

・封入パーツ(人魚・シェル・魚)

・三角トレー

・ジュエルモールドミニパーツ

 

◆作り方

①透明レジン液を三角トレーに出し、着色します。NRクリアカラーのブルーとイエローを9:1で混ぜます。アクアマリンといった風な色を目指します!

001

 

②透明レジン液を1cm程度、モールドに入れます。しっかり気泡を抜いておきます。ここから先はこまめに気泡を抜くようにすると、綺麗に仕上がります。

六角ホログラムの白と青・ブリオンの白を入れます。

その後、青に着色したレジン液を5mm程度の高さ分入れます。

軽く混ぜて、色の境目をめだたないようにしてから硬化します。

002

 

③青に着色したレジン液を1cm程度の高さ分入れます。六角ホログラムの白と青・ラメパウダー・穴なしパール1つを入れます。位置を整えて硬化します。

 

④青に着色したレジン液を1cm程度の高さ分入れます。六角ホログラムの白と青・ラメパウダー・ブリオン白・小さなシェルシルバー1つを入れます。位置を整えて硬化します。

003

気泡が入らないように、ゆっくり作業します。

 

⑤青に着色したレジン液を1cm程度の高さ分入れます。六角ホログラムの白と青・ラメパウダー・ブリオン白・穴なしパール1つ・メタルパーツの魚を入れます。位置を整えて硬化します。

 

⑥青に着色したレジン液を1cm程度の高さ分入れます。先に穴なしパールを入れておきます。六角ホログラムの白と青・ラメパウダー・ブリオン白を入れます。位置を整えて硬化します。

004

何度も分けて作業することによって、中身がばらけて、綺麗になります。

 

⑦青に着色したレジン液を1cm程度の高さ分入れます。六角ホログラムの白と青・ラメパウダー・ブリオン白を入れます。

 

⑧ここで、少し濃い目の青いレジン液を作ります。今まで使っていた三角トレーに透明レジン液を追加して、NRクリアカラーのブルーを足してよく混ぜます。

005

 

⑨濃い青をモールドに入れます。境目をぼかすために、少し混ぜます。穴なしパール・ブリオン・六角ホログラム・人魚のメタルパーツを入れて、硬化します。

006

 

⑩型いっぱいまで、濃い青のレジン液を入れます。六角ホログラム・ブリオン・穴なしパール2つ・クラッシュシェルパウダーを入れて、硬化します。

007

 

⑪硬化したら、型から取り出し、バリ取りします。その後、頭の部分にジュエルモールドミニで作った通し穴を取り付けて完成です。

008

009

すごく透明でピカピカした印象になりました(*´ω`*)

 

NRクリアカラーを使うと、透明度の高い作品を作ることができます。

4色の絵具の混ぜ方で、いろんな色が作れるので、とても面白いですよ♪

今まで使った中で、UVレジン液と相性の良い絵具だと思います。

今後もNRクリアカラーを使った作品を作っていきます(‘ω’)ノ

 

広告




 

  広告

ワイヤーフラワーがかわいい蝶のネックレス

 

蝶のモールドが手に入ったので今回は、蝶のネックレスを作ってみました。

 

◆ワイヤーフラワーがかわいい蝶のネックレス 

手順が面倒なので、簡単な紹介になります。

 

◆材料

%e6%9d%90%e6%96%991

・UVレジン液ハード

・ヴィトラーユ(ホワイト・レモン・クリムゾン)

・パール顔料(ホワイト)

・調色パレット(着色するときに使います)

・ビーズ(封入用)

・ジュエルモールドミニ パーツ

・モールド蝶

・デザインシート(英字)

・フラワーワイヤーチャーム

・コットンパール

・チェーン

・カニカン

・アジャスター

・Cカン・丸カン・9ピン

 

◆作り方

①レジン液を着色して、パステルイエローとパステルピンクを作ります。

レジン液にヴィトラーユのホワイト+クリムゾンでパステルピンク、ホワイト+レモンでパステルイエローが作れます。

ヴィトラーユのホワイトは特に量が多すぎると硬化不良を起こしやすいので、入れすぎに注意してください。

001

 

②蝶のモールドに薄く透明レジン液を出し、全体に広げます。

硬化させるまえに、部分的に①で着色したレジン液を入れます。透明な部分を多めに残しておきます。

ビーズも配置し、硬化します。

 

③透明レジン液を型の半分程度の高さまで入れます。①で着色したレジン液を部分的に入れます。配置できたら硬化します。

 

④調色パレットに透明レジン液を出し、白のパール顔料を混ぜます。

混ざったら、型いっぱいまで入れます。エンボスヒーターをあてて、気泡を抜いて硬化します。

 

⑤完全に硬化したら、型から取り出し、バリ取りしておきます。

 

⑥蝶の上にレジン液を出し、カットしておいたデザインシートを配置します。硬化します。

その後再度表面をぷっくりするまでレジン液を盛り、硬化します。

 

⑦透明レジン液をパーツのモールドに入れて、ヒートンを作ります。気泡をしっかりと抜いてから硬化します。硬化後に取り出して、バリ取りします。同じパーツを2つ作ります。

 

⑧蝶の裏面をコーティングします。この時、蝶の羽の上部分に⑦で作ったヒートンを埋め込みます。気泡を抜いて硬化します。

 

⑨ワイヤーチャームの花の花びらを作ります。着色したレジン液をワイヤーに擦り付けるようにして、膜を作り、硬化します。これを繰り返して、花に色をつけます。

 

⑩コットンパールに9ピンを通して、ピン先を丸めておきます。

 

⑪すべてのパーツを繋いで、完成です。

img_0033

 

 

パステルカラーはふんわりした印象になって、かわいいですよね(*´ω`*)

 

◆ワイヤーに膜を作るときのコツ

img_0034

ワイヤーに膜をうまく作れない時は、はじめにワイヤーにレジン液をたっぷりつけてください。

その後で、膜を張りたい部分を撫でるように、つまようじを滑らせるとうまく膜が出来上がります。

これと同じ方法でマニキュアフラワーも作れちゃいます。

薄い膜はとても繊細で可愛く見えます(^^)/

 

広告