DIY」タグアーカイブ

エンボスヒーターって何?●UVレジンだけじゃない!とっても便利な利用方法♪

  広告

こんにちは。ふたつきです(^^)/
今回はUVレジンの気泡を抜くときによく利用される機械、『エンボスヒーター』について特集してみます。

この内容の動画はこちら↓

 

そもそも、エンボスヒーターって何なのか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Deco Podge デコポッジ エンボスヒーター EHT
価格:3727円(税込、送料無料) (2017/5/14時点)

 

エンボスヒーターは、カードなどをエンボス加工するときに使用するためのヒーターです。
エンボス加工とは、カードにこんな感じのぷっくりした飾り付けをする加工です。

 

エンボス加工の手順は、

1.紙にスタンプを押す。

2.インクが乾かない間に、エンボスパウダーをふりかける。

3.余分なパウダーを落とす。

4.エンボスヒーターで加熱して、パウダーを溶かす。

完成となります。

エンボスパウダーにはいろいろな種類があるので、比べてみると面白いかも。

 

 

 

エンボスヒーターとドライヤーの違い


エンボスヒーターとドライヤーの違いは、温度風の強さです。

ドライヤーはJIS規格で、140℃以内の温風しか出ません。
しかし、エンボスヒーターはエンボスパウダーを溶かすために、約250℃の熱風が出るように作られています。

さらに、ドライヤーは髪を乾かすために強い風が出るようになっていますが、
エンボスヒーターは風が強すぎると、エンボスパウダーが飛んで行ってしまうので、弱い風が出るようになっています。

もともと違う用途で作られたものなので、大きな差があるのです(^^)/

 

エンボスヒーターの種類

市販のエンボスヒーターをいくつかご紹介します。

私が普段使っている呉竹のエンボスヒーター。
温度調節機能はなく、スイッチはON-OFFのみ。その分安いです(^^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】呉竹 ZIG エンボスヒーター(クレタケ) HG-100
価格:2263円(税込、送料無料) (2017/5/14時点)

 

 

手芸店でよく見かける、温度調節できるタイプのエンボスヒーター。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Deco Podge デコポッジ エンボスヒーター EHT
価格:2555円(税込、送料別) (2017/5/14時点)

 

 

ヒートツールという名前で売られている商品もあります。

 

 

エンボスヒーターを使うとどれくらい気泡が抜けるのか

エンボスヒーターを使ったことがない方は、この機械でどれくらい気泡が抜けるのか、気になると思います。
そこで、ドライヤーを使った場合と比べてみました。

こちらが、気泡を抜く前UVレジン液です。↓
つまようじを使って、セリアのUVレジン液を泡立ててみました。

そしてこちらが気泡を抜いたUVレジン液です。↓

エンボスヒーターをあてた方(左)が気泡が少ないことがわかります。

エンボスヒーターは風を当てた瞬間に、はじけるような感じで気泡が抜けていきます。

※エンボスヒーターを一か所に当て続けると、レジンが熱くなりすぎて気化してしまい、危険です。
1~2秒当てたら少し離すようにしてください。

 

エンボスヒーターの活用方法いろいろ

UVレジンで気泡を抜くだけでなく、いろいろな場面でエンボスヒーターは活躍してくれますよ(=゚ω゚)ノ

 

UVレジンで気泡抜き以外に使える場面

UVレジン液が冷えていて固いと、空枠や型の中で伸ばすのが大変(><;)なんていう経験、ありませんか?

そんなとき、エンボスヒーターを当てて温めると、スイスイ伸ばすことができます!
他にも、レジン液のボトルを使い切るときに、なかなか最後まで出てこなくて困る!なんてこともよくあります。
ここでもエンボスヒーターが大活躍です!
逆さにしたボトルに、エンボスヒーターを少し当てると、サラサラになったレジン液が出てきます

 

プラバンにも使える!エンボスヒーターで加熱

プラバンをやりたいけど、
トースターは持ってない・・・( ;∀;)
いちいち予熱するのが面倒(´Д`)
そんなあなたに、エンボスヒーターはピッタリです!

エンボスヒーターを40秒くらいブーンと当てるだけで、プラバンを縮めることができます。

※熱くなるので、火傷に注意してくださいね(^^)/

 

プラバンに丸みを付けたり、立体的なお花を作ったりしていると、途中で冷えてもう一度温め直さなければならないことがありますよね(;´∀`)

その時にもエンボスヒーターを使うと、オーブントースターよりも細かい範囲に、早く熱を加えることができて便利です♪

手に熱風が当たり続けると火傷します。注意してね!

これでプラバンの加工がはかどりますね(∩´∀`)∩

 

おゆまる/イロプラ・お湯を使わずに柔らかくする

百均でも見かけるようになった、お湯で柔らかくなるプラスチック粘度の「おゆまる」や「イロプラ」。
これをお湯を使わずに柔らかくすることができちゃうんです。(え、邪道ですか?(;^ω^)

 

 

型取りしてみた

今回はセリアで購入したイロプラを使って、型取りをしてみました(^^)/

イロプラをエンボスヒーターで温めます

型取りしたいパーツをイロプラに押し付けて、埋め込みます。

イロプラが冷えて固まるまで待ちます

イロプラが固まったら、パーツを取り出します。

これで型取り完成です。

 

実際にUVレジンを入れて、型を使ってみます。

着色したUVレジン液を型に流し込みます。

軽く気泡を抜いて、硬化します。
このときエンボスヒーターを当てすぎると、型が歪んでしまうので注意します。

硬化したら、型から取り出します。

はみ出したレジンのバリ取りをします。

複製完了!

細かい部分もきれいにできました(*´ω`*)

好きな色で作ったパーツを、レジンに封入しても良さそうです!

 

まとめ

エンボスヒーターはいろんな場面で利用できて、とっても便利です!
ハンドメイド&DIY好きな方なら、一つ買っておくと、作業効率UPできそうですね(^^)/
とってもオススメです。

 

動画では他にも下記のような内容もご紹介しています。
よろしければご覧ください(^^)/

1.エンボスヒーターとドライヤーの違い(0:21~)
2.エンボスヒーターの本来の使用目的とは(1:44~)
3.エンボスヒーターの種類(3:32~)
4.エンボスヒーターだとUVレジンの気泡がどれくらい抜けるのか?ドライヤーとの比較(4:21~)
5.UVレジンでのエンボスヒーターの活用方法いろいろ(6:38~)
6.エンボスヒーターの活用①プラバン(7:34~)
7.エンボスヒーターの活用②イロプラ/おゆまる(8:36~)
8.イロプラで作った型の使用方法(9:43~)

今回は以上です!
また次回(^^)/

 

広告



  広告

お花のブローチ

今年も残すところあとわずかとなりました。
今年一年、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

というわけで、正月には関係ありませんが、お花のブローチ作りました(*^^*)

 

【UVレジン】お花のブローチ

◆材料


・UVレジン液ハード
・NRクリアカラー(東急ハンズに売ってます)
・シリコンモールド:花(海外から取り寄せしました)
・ミラーパウダー(CanDoで買いました)
・ブローチピン
・調色パレット

 

◆作り方

①レジン液をピンクとオレンジに着色します

調色パレットにUVレジン液を出します。
そこに、NRクリアカラーを混ぜます。
ピンク:NRクリアカラーマゼンダ
オレンジ:NRクリアカラーオレンジ+マゼンダ少量

混ぜ終わったら、エンボスヒーターを当てて、気泡を抜いておきます。

②モールドに着色したレジン液を入れます(1回目)

先にオレンジのレジン液を入れて、型の半分に伸ばします。
花弁の先の部分に気泡ができやすいので、エンボスヒーターを使いながら丁寧につぶします。

オレンジが広げられたら、ピンクを入れます。
底に浅く広がる程度にします。

気泡が抜けたら硬化します。

③モールドに着色したレジン液を入れます(2回目)

硬化したオレンジの上には、オレンジのレジン液を、ピンクの上にはピンクのレジン液を入れます。
型の半分くらいの高さになるようにします。

ピンクとオレンジの境目はつまようじでかき混ぜておきます。
気泡を抜いて硬化します。

④モールドに着色したレジン液を入れます(3回目)

先ほど同様に、オレンジとピンクのレジン液を、型の9分目くらいまで入れます。

境目をぼかしてから、気泡を抜いて硬化します。

⑤ミラーパウダーをのせます


型の上部分に、ミラーパウダーをのせます。
余分なパウダーは取り除いておきます。

⑥ミラーパウダーの上にUVレジン液をのせます


ミラーパウダーの上に、UVレジン液を乗せて、全体に伸ばします。
つまようじでミラーパウダーを傷つけないように注意します。
伸ばせたら硬化します。

⑦型から取り出します

⑧コサージュピンを付けます


裏面にUVレジン液を広げます。
そこにコサージュピンの根元を、埋めるようにします。
硬化します。

完成です(*^^*)

まとめ

ちょっと色が濃すぎたので、次回はもう少し薄い色で作りたいです(-_-;)

この型、大きすぎるかなと思っていたんですが、作ってみたら意外と髪飾りに丁度良いサイズでした。
活用していきたいです(*^^*)

では、良いお年を(^^)/

広告



100円ショップ材料で作る・グラデーションのゆきだるま

だいぶクリスマスが近づいてきましたね。
ふたつきは、セリアでクリスマスっぽいレジン用品を大人買いしてしまったため、制作が追いついておりません(;^_^A
しばらくはクリスマスオーナメントづくりをすることになりそうです。

今回は、クリスマスシリーズ第3弾!グラデーションのゆきだるまチャームです。
クリスマスは白系のグラデーションを使用するとそれっぽくなりますね。

【UVレジン】100円ショップ材料で作る・グラデーションのゆきだるま

◆材料




・UVレジン液ハード(クリア・ホワイト・クリアブルー)←セリア
・パステル←ダイソー
・シリコンモールド(ゆきだるま)←セリア
・レジン枠(ゆきだるま)←セリア
・デザインシート(クリスマス)←ダイソー
・封入パーツ(トナカイ)←セリア
・ラメパウダー(白・銀)←セリア・ダイソー
・丸ホログラ←ダイソー

 

◆作り方

①封入する、白いゆきだるまを作ります。

三角トレーにホワイトのレジン液を出します。
そこにパステルの白を削り入れて、よく混ぜます。
セリアのホワイトレジン液をそのまま使うと色が薄すぎるので、パステルで濃くしておきます。

ゆきだるまのシリコンモールドに、着色した白のレジン液を流し込みます。
型の半分くらいまで入れて、硬化します。

硬化できたら、型から取り出して、盛り上がっているフチの部分を削って平らにしておきます。

 

②レジン枠(ゆきだるま型ゴールド)を固定します。

平らなトレーの上に、マスキングテープを粘着面を上にして固定します。
マスキングテープにレジン枠をしっかりと固定します。

 

③レジン枠の中に、雪積もった地面を作ります。

プラスチックの板(厚めのクリアファイルでOK)を用意します。
レジン枠の下の部分を短く切ったプラスチックの板で区切ります。

区切った狭い部分に、①で着色した白のレジン液を流し込みます。
高さはレジン枠の半分くらいを目安にします。

レジン液を伸ばして、硬化します。
硬化できたら、プラスチックの板を取り外します。

 

④グラデーションにレジン液を着色します。

クリアファイルの上に、クリアブルーのレジン液を4つに分けて出します。右に行くほど多くします。
そこに、ホワイトのレジン液を出します。ホワイトは右にいくほど少なくなるようにします。


紺色、青色、白のパステルを削り入れて色を調節します。
少しずつパステルを足して、混ぜてを繰り返し、ほど良い色にします。


こんな色になりました↑

 

⑤グラデーションにしたレジン液をレジン枠に流し込みます。

コツ
ゆきだるまのレジン枠を、ゆきだるまの頭側が高くなるように、少しだけ傾けておきます。
これで液が流れていきにくくなり、きれいなグラデーションが作れます。

濃いレジン液から順番に、下から上に配置していきます。
液が混ざらないようにゆっくり作業します。

4色とも入れたら、色の境目をつまようじでぼかします。
つまようじを右→左→右という感じに動かすと、うまく混ざります。

グラデーションができたら、①で作った白いゆきだるまを、レジン液に埋め込みます。
このとき、ゆきだるまの口からレジン液が飛び出してくるので、少し取り除いておきます。

形が崩れないうちに、硬化します。

 

⑥レジン枠をマスキングテープから外します。

レジン枠をマスキングテープからゆっくりとはがします。
はがした面のレジン液が固まっていない場合は、レジン枠の裏面を紫外線に当てて、硬化させます。

 

⑦表面の加工をします。(1回目)

透明なレジン液を、レジン枠の表面に出します。
ラメパウダー白を混ぜつつ、全体に広げます。

丸のホログラムを配置します。

トナカイの封入パーツを配置します。

①で作った白のレジン液を、白いゆきだるまの横に、吹き出しのような形で入れます。
今回入れる文字が黒いので、見えやすいように白で下地を作っておきます。

硬化します。

 

⑧表面の加工をします。(2回目)

透明なレジン液を表面に出して、全体に伸ばします。
デザインシートの「Merry Christmas」、ポインセチア、ヒイラギを配置します。
銀のグリッターで、トナカイの軌跡をつくります。

硬化します。

 

⑨表面をコーティングします。

表面にぷっくりするくらい、レジン液を出して、全体に伸ばします。
エンボスヒーターを当てて、気泡を抜いてから、しっかりと硬化します。

 

⑩裏面を加工します。

透明なレジン液を、レジン枠の表面に出します。
ラメパウダー白を混ぜつつ、全体に広げます。
丸のホログラムを配置します。

気泡を抜いて、しっかりと硬化します。

 

完成です!


予想よりも、白いゆきだるまが可愛くて、いい感じです(*’▽’)

裏は装飾を少なくして、ゆきだるまが目立つようにしました。
片面をスッキリさせるのも、印象がごちゃごちゃしなくて好きです!

まだクリスマスまで日があるので、もう少しクリスマスシリーズを作れると良いな(*´ω`*)

 

広告